ごろごろりん
ちょっぴり、熱しやすく冷めやすく飽きっぽく、何気に新しい物好きな宮崎県民
865tyou Comi5864zizyoComi5.jpg
おきよ丸
宮崎神宮に、古代船が展示してます。
西都原古墳群から、出土した埴輪を原型に復元
この船をおきよ丸と名づけました。
全長・12m×幅2.2m×高さ2.6m・重量3トン
zi



神武東征説
高原(西諸県群高原)の狭野で成長したイハレヒコは、サノノミコトとも呼ばれた。やがて宮崎の宮(皇宮屋~こぐや)で日向を治められたが、全国統一の構想を練り、船軍を率いて東方(大和の国)に向かうことになった。
 美々津(別名:立縫の里)の港から出港されたので、この地は「日本海軍発祥の地」と伝承されている。
 歴史書には詳しい、船出の地は明記いませんが・・・・

~おまけ~
神武天皇は、東方の出発準備が整い、海も穏やかなことから
出航予定より一日早く、8月1日朝2~3時頃に船出
急な船出により、里人はあわて
『お船出だぞ!起きよ!起きよ!』の声で、ごった返し
神武天皇に差し上げるお団子を用意していたのだが、急な船出の変更で、急きょ団子を蒸した

この、団子が、今現在宮崎県日向美々津のお土産
『お船出だんご』と言います

そして、『起きよ!起きよ!』の『おきよ』の言葉を残し
毎年旧暦8月1日は
『おきよ祭り』があります

復元した船の名前も『起きよ』から名づけたと思います

(言伝えは色々あります)

ここ宮崎県「神話と伝説」が豊かな県
日本書記・古事記に関係ある神話が色々伝えられてます
『日向の国』

宮崎へ♪


テーマ:てげ宮崎人 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ごろごろりん all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.